のぼりで商戦をもりあげる

のぼりの賢い利用法

のぼり旗は戦国時代のイメージが強いものの、現代ではビジネスの広告シーンで活躍しています

のぼりの賢い利用法メイン画像

のぼりで商戦をもりあげる

のぼりは、戦いのためにあげるもの。

商戦も戦さと考えると、のぼりの存在価値も腑に落ちますよね。

商戦は厳しいけれど、はでにのぼりをあげることで、気合も入りビジネスに熱がこもります。

のぼりの素材はさまざまありますが、一般的なのはポンジとよばれるものです。

【参考サイト:のぼりマート】裏抜けが良く、薄くて発色が良いのが特徴です。

ポンジよりも少し厚みがあるトロピカルも人気です。

裏抜けはポンジほどの良さはありませんが、ポンジのぼりよりさらに発色が良いのが特徴になっています。

どっしりとした綿素材ののぼりで、重量感をだしたものもあり、のぼりもさまざまです。

のぼりは右側か左側にチチをつけて、布のわっか状のものをとめ、そこに竿を通していきます。

もしくは、まわりをぐるりと輪に塗って、その中に竿を通して飾るようにします。

ほつれや巻き上がりを防止する縫製をしてくれるところもあります。

Google
www を検索 のぼりの賢い利用法を検索
(C) www.somervilletradingpost.org. All Rights Reserved.